アニメ

名探偵コナン 戦慄の楽譜の動画を1話から全話無料で視聴する方法

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」の動画を視聴する方法

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」は、動画配信サービスの「TSUTAYA TV」で視聴できます!

 

TSUTAYA TVは、月額933円(税抜)で利用できるVODで、見放題&PPV(都度課金)の作品が配信されています。利用するプランによって、有料作品の視聴に使えるポイントが貰えるため、上手に利用すれば比較的新しい作品を実質無料で視聴することもできます。

DVD借り放題の有料オプションがあったり、大人向けのアダルトビデオも見放題で配信しているお得なVOD。初めての利用であれば30日間無料トライアル実施中!

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この記事は2019/12/20の情報を元に作成しています。

定期的に配信作品が変更になるVODの性質上、現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。

VOD 配信状況
U-NEXT ×
Hulu ×
Amazonプライム ×
ゲオTV ×
TSUTAYA TV
FOD ×
dアニメストア ×
リスト上の動画配信サービスでは、初回無料トライアルが用意されています。期間中は、有料会員と同じようにサービスを利用でき、制限などは一切ありません。

無料期間中に解約すれば料金は発生しないため、お試し期間中になら全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、TSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれており、見放題ではない可能性もあるので、最新の情報は、各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」のあらすじ

高名な元ピアニストの堂本一揮によって創設された堂本音楽アカデミーである日、練習していた堂本の門下生3名が死傷する爆破事件が起こった。その事件がニュースとして流れる頃、パソコンでそれを読む犯人は不敵な笑みを浮かべ、「すべては、静かなる夜のために…」と呟く。

事件の翌週、園子のコネで堂本音楽ホールの完成記念公演の練習を見学していたコナン一行は、初公演も鑑賞する予定となっていた。そこで、一行は天才ソプラノ歌手・秋庭怜子と出会い、彼女が帝丹小学校OGだったことから、光彦の発案でクラスの合唱のコーチをしてもらうこととなる。別の日、怜子の指導の下で練習に励む最中、怜子の飲み物を勝手に飲んだ元太が苦しみ出すが、幸い命に別状はなく、診察の結果、数日間だけ声を出しづらくなるという症状で済む。また、一行はその帰り道、何者かにダンプカーで襲われるが、何とか難を逃れる。

>引用元URL

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」のキャスト

キャラ名 声優名
江戸川コナン 高山みなみ
毛利蘭 山崎和佳奈
毛利小五郎 神谷明
工藤新一 山口勝平
目暮警部 茶風林
白鳥刑事 井上和彦
阿笠博士 緒方賢一
吉田歩美 岩居由希子
小嶋元太 高木渉
円谷光彦 大谷育江
鈴木園子 松井菜桜子
白鳥刑事 塩沢兼人
灰原哀 林原めぐみ
千葉刑事 千葉一伸
高木刑事 高木渉
佐藤美和子 湯屋敦子
秋庭 怜子 桑島法子
堂本 一揮 田中信夫
堂本 弦也 目黒光祐
譜和 匠 依田英助
千草 らら 水谷優子
山根 紫音 金月真美
ハンス・ミュラー フランシス・ポル

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」を視聴した人の感想

この映画は、音楽がテーマになっているわけですが、コナン好きからすると、どうしてもコナンの音痴がよぎってしまいます。コナンは絶対音感を持っている音痴なのですが、この映画ではまさかコナンの絶対音感が発揮されます。

いつもせいぜい音痴の場面で終わりなので、本当に絶対音感を持っていたのかと、なんだか不思議なかんじになりました。しかし、それが発揮されるまでの過程が凄く、上のほうにあるプッシュホンの受話器をサッカーボールで落とし、発声で110番するというものでした。

声だけで110番できるのかと思った思い出があります。アニメだからというのではなく実際に出来ることのようで、驚きました。何故か、そこが一番印象に残りました。

いきなり練習室が、爆破されるシーンから始まったのがとても印象的でした。その、爆発現場にコナンは一人で来ていて蘭と痴話喧嘩をするシーンでは、爆破シーンを見させられた後だった為余計にほっこりして見ることができました。正直、爆発現場に普通にいるコナンも少し恐ろしいと感じたくらいです。

その後、小学校の合唱の練習で秋庭さんがコーチをしてくれるシーンを見て、意外と優しい部分もあるのだと思いました。一番驚いたのは、コナンと秋庭さんが船に乗りながら2人でハモるシーン。

コナンは音痴で有名なのに、なぜ綺麗に耳コピができたのか不思議でなりませんでした。そしてつられる事なく、きっちりプッシュフォンの音を出せたのにも感激しました。灰原哀のリコーダーの音名を、アルファベットに変えて何を伝えているのか把握した時は、どれだけ瞬発力が良いの?となりました。

そして、それを必死に伝える灰原哀も状況判断能力に優れているなって感じ、2人の連携プレーもとても良かったです。最後に、蘭が新一のバイオリンの弾き方に癖がある話をしていた時は、幼馴染にしか分からない特別なものを感じました。

「戦慄の楽譜」は、音がテーマとなっているだけあって、そういった部分が物語の多くの場面で散りばめられており、そこに個性を感じられる作品だったと思います。

例えば、建物内が防音の構造になっているがゆえに、外で爆発などが起きていても、中にいる人たちはその状況に気付くことができないで、危機が訪れたりという状況がそれです。
この作品のテーマである音を題材にして、名探偵コナンならではの迫力ある、ドキドキ感が伝わってくるような感じでした。

あと、設定では音痴となっているコナン(工藤新一)でしたけど、発声により110番通報をして危機的状況を回避するシーンもあり、音痴の割には意外な一面を見ることができたのもこの作品の面白さの1つだと思います。

この映画ではコナンが歌うシーンが出てきます。コナンは絶対音感という設定なのですが音痴です。普段アニメで歌っているシーンを見る機会は少ないので、映画で歌っているシーンを見ることができて、しかも音痴だったなんて面白いです。

それから、パイプオルガンを登場人物の一人が演奏するシーンがあります。私はクラシックが好きで、この曲が頭から離れなくなりました。普段聴くクラシック音楽はパイプオルガンで演奏したものではないのですが、この映画を見たことでパイプオルガンのクラッシック音楽をCDでもいいので聴きたくなりました。

コナンが活躍することは毎回のことですが、他の登場人物も活躍しています。みんなかわいいのですが、とくにあゆみちゃんがかわいかったです。

名探偵コナンの劇場版シリーズの戦慄の楽譜を視聴した感想ですが、音楽アカデミーで起こった事件をコナンが解決していきますが、この作品では服部平次や京極真などコナンをサポートするキャラクターは登場しませんでした。

怪盗キッドなどのライバルも登場しなかったため、コナンの周りに登場するキャラクターが好きな自分にとっては少し残念でした。ラストの音楽ホールでのアクションは、見ていてとても迫力がありました。

黒幕も最後まで誰か分からなかったため、真犯人が分かった時には驚きました。この作品では、コナンが一人で事件を解決していくため、その他のキャラクターの登場が少なかったですが、ストーリーの内容としては面白かったです。

「名探偵コナン 戦慄の楽譜」の主題歌&挿入歌情報

翼を広げて – ZARD