アニメ

名探偵コナン 世紀末の魔術師の動画を1話から全話無料で視聴する方法

「名探偵コナン 世紀末の魔術師」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「名探偵コナン 世紀末の魔術師」の動画を視聴する方法

「名探偵コナン 世紀末の魔術師」は、動画配信サービスの「TSUTAYA TV」で視聴できます!

 

TSUTAYA TVは、月額933円(税抜)で利用できるVODで、見放題&PPV(都度課金)の作品が配信されています。利用するプランによって、有料作品の視聴に使えるポイントが貰えるため、上手に利用すれば比較的新しい作品を実質無料で視聴することもできます。

DVD借り放題の有料オプションがあったり、大人向けのアダルトビデオも見放題で配信しているお得なVOD。初めての利用であれば30日間無料トライアル実施中!

「名探偵コナン 世紀末の魔術師」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この記事は2019/12/20の情報を元に作成しています。

定期的に配信作品が変更になるVODの性質上、現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。

VOD 配信状況
U-NEXT ×
Hulu ×
Amazonプライム ×
ゲオTV ×
TSUTAYA TV
FOD ×
dアニメストア ×
リスト上の動画配信サービスでは、初回無料トライアルが用意されています。期間中は、有料会員と同じようにサービスを利用でき、制限などは一切ありません。

無料期間中に解約すれば料金は発生しないため、お試し期間中になら全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、TSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれており、見放題ではない可能性もあるので、最新の情報は、各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

「名探偵コナン 世紀末の魔術師」のあらすじ

ある日の夜、吉田歩美が眠りにつこうとすると、部屋のベランダに人影が現れる。窓を開けて確認してみると、白いマントに身を包んだ男が月を背にして佇んでいた。彼の名は怪盗キッド、探偵である江戸川コナンのライバルだった。彼は歩美に挨拶を告げると、自分を追ってきた中森警部に捕まる前にハンググライダーで飛び立っていったのだった。

>引用元URL

「名探偵コナン 世紀末の魔術師」のキャスト

キャラ名 声優名
江戸川コナン 高山みなみ
毛利蘭 山崎和佳奈
毛利小五郎 神谷明
工藤新一 山口勝平
怪盗キッド 山口勝平
目暮警部 茶風林
阿笠博士 緒方賢一
吉田歩美 岩居由希子
小嶋元太 高木渉
円谷光彦 大谷育江
鈴木園子 松井菜桜子
白鳥刑事 塩沢兼人
服部平次 堀川亮
灰原哀 林原めぐみ
遠山和葉 宮村優子
鈴木史朗 松岡文雄
高木刑事 高木渉
中森警部 石塚運昇
茶木警視 田中信夫
香坂夏美 篠原恵美
乾将一 大塚周夫

「名探偵コナン 世紀末の魔術師」を視聴した人の感想

私の大好きな怪盗キッドストーリです!謎解き要素が多くて、ついストーリーに出てくる謎について推理しながら見てしまいました。(全然解けませんでしたが)
私がそう思うだけかもしれませんが、コナンとキッドの会話ってなんだか少しキザっぽい気がします。本作での二人の掛け合いも、そんな風に感じました。もちろん好きですが!

細かいネタや謎解きがちりばめられていますが、最後には作品として大きな謎となっていることが判明します。展開はよくあるミステリー作品と同じで、よく出来ているなと感じました。
ただ、コナンのキャラクターが好きな私にとっては、もっとキャラ同士のやり取りが見たかったなーというのが率直な感想です。(初期の作品は割とこんな感じですが。現在と比較して、です!)よくできたミステリー作品のような印象でした。

「世紀末の魔術師」では、怪盗キッドが登場してくるのですが、この怪盗キッドの映画のラストシーンにおけるセリフが非常に印象に残っています。それは「世の中には謎のままにしておいた方がいいってこともあるってな」というものですが、これはコナンに対して発せられたものです。

謎を解き明かす立場であるコナンにとって非常に突き刺さるセリフじゃないか?と思いますけど、このセリフにコナンは同意しているのです。人間にとって知らない方が幸せな事実というのは実は多くあるはずなのですが、それに気付かせられたシーンだったと思います。

単なる映画と言えども、人生における気づきを与えてくれたような、そんな貴重な作品のように感じることができて、そこが嬉しかったというか、見た意味があったなと感じたのです。

白鳥警部の初出場作品で感慨深いです。最初の白鳥警部は今とだいぶ感じが違っていて見返すと面白いです。ちょっと怪しい感じだったし、眼力強くて怖かったです。本筋ではロシア語のパスコードを変な日本語で覚えていたところは上手く作られていて、子どもと一緒に楽しめました。プースチンランのようなアナグラムもやはり良いですね。バトルだけじゃなく、推理も楽しめました。

バトルでは片目を打ち抜くスコーピオンに対して防弾眼鏡で対抗するアイデアは、大人からすると非現実的なのですが、違和感なく見れるのもコナンの良いところですかね。博士の発明あってのコナンですし。

キッドもこの頃はキザでミステリアスでかっこよかったです。最近はちょっとコメディー色が強いので。ラストのキッドのかっこよさは秀逸でした。

名探偵コナンの世紀末の魔術師を見た感想ですが、まずは好きなキャラクターである怪盗キッドが登場する作品でしたのでとても良かったです。キッドがロマノフ王朝の遺産のイースター・エッグを狙うところから始まりますが、映画のスタートシーンからキッドの登場シーンも多く大変満足でした。

コナンだけでなく平次も加わって事件の謎解きを進めていくのですが、事件のトリックや真犯人がラストシーンまで分からずとても見応えがありました。コナンの周りのメンバーなど従来のキャラクターも多く登場して面白かったです。

事件の謎解きも自分では解けませんでしたが、コナンの種明かしで最後には内容を理解する事が出来ました。怪盗キッドが登場する作品の中でもお気に入りの作品のひとつです。

怪盗キッドが「メモリーズエッグを盗む」という予告状をきっかけに話が進んでいく中で、警察が考える謎解きとは違う方向で話が進み、コナンがそれを解決していくドキドキ感が良かったです。

途中でエッグを狙っている人がキッドだけじゃないことが分かり、さらにエッグの謎まで深まっていき、話に引き込まれました。第二のエッグが隠されている城での謎解きや仕掛け、パスワードを考えるシーンは一緒に参加しているような気分になって楽しかったです。

子供のころに見た時は、宝探しのような感覚で楽しくエッグの謎解きをしながら見ていましたが、大人になって見ると犯人の動きを見ていました。見る視点がいくつもあるので、誰が見ても楽しめると思います。また、内容が分かっていても何度でも見返したくなるストーリーでした。

「名探偵コナン 世紀末の魔術師」の主題歌&挿入歌情報

ONE – B’z