アニメ

ソードアート・オンライン 第2期の動画を1話から全話無料で視聴する方法

「ソードアート・オンライン 第2期」を視聴したい人のために、この作品の動画を配信しているVOD情報をまとめました。

無料で見る方法やキャスト情報や主題歌、実際に作品を視聴した人の感想も記載しているので、これから本作を視聴しようと思っている人の参考になれば幸いです。

「ソードアート・オンライン 第2期」の動画を視聴する方法

「ソードアート・オンライン 第2期」は、動画配信サービスの「U-NEXT」で視聴できます!




U-NEXTは、月額1,990円で14本以上の作品を配信している国内最大級の動画配信サービス。

月額プランの場合、70冊以上の雑誌が読み放題、有料作品(動画のレンタルやマンガの購入)に使えるポイントを毎月1,200P還元など特典が充実。初回利用であれば31日間無料でお試しできます!

「ソードアート・オンライン 第2期」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報

この記事は2019/12/20の情報を元に作成しています。

定期的に配信作品が変更になるVODの性質上、現在は配信されていない可能性もあるので、最新の情報はVOD各社の公式サイトをご確認ください。

VOD 配信状況
U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
ゲオTV ×
TSUTAYA TV ×
FOD
dアニメストア
リスト上の動画配信サービスでは、初回無料トライアルが用意されています。期間中は、有料会員と同じようにサービスを利用でき、制限などは一切ありません。

無料期間中に解約すれば料金は発生しないため、お試し期間中になら全話無料で視聴することが可能です。

一部VODでは、PPV(都度課金配信)、TSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれており、見放題ではない可能性もあるので、最新の情報は、各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

「ソードアート・オンライン 第2期」のエピソード一覧

話数 エピソードタイトル
第1話 銃の世界
第2話 氷の狙撃手
第3話 鮮血の記憶
第4話 GGO
第5話 銃と剣
第6話 曠野の決闘
第7話 紅の記憶
第8話 バレット・オブ・バレッツ
第9話 デス・ガン
第10話 死の追撃者
第11話 強さの意味
第12話 幻の銃弾
第13話 ファントム・バレット
第14話 小さな一歩
第14.5話 Debriefing
第15話 湖の女王
第16話 巨人の王
第17話 エクスキャリバー
第18話 森の家
第19話 絶剣
第20話 スリーピング・ナイツ
第21話 剣士の碑
第22話 旅路の果て
第23話 夢の始まり
第24話 マザーズ・ロザリオ

「ソードアート・オンライン 第2期」のキャスト

キャラ名 声優名
キリト 松岡禎丞
シノン 沢城みゆき
アスナ 戸松 遥
リーファ 竹達彩奈
シリカ 日高里菜
リズベット 高垣彩陽
デス・ガン 保志総一朗

「ソードアート・オンライン 第2期」の公式サイト&SNS

「ソードアート・オンライン 第2期」を視聴した人の感想

前半は銃を使ったオンラインゲームなのですが、私の中では最初はよく理解できずに進んでいきました。ソードがメインの戦闘系アニメなのに銃で、物語が繰り広げられる。キリトとシノンが共闘して、デスガンが最後敗れる場面。このシーンになってやっと物語が見えてきた感がありました。死闘とはいえ主人公最強はしょうがないのだと感じた部分でもあります。後半はやっとソードで戦うのかと、わくわくしました。

ですがアスナとユウキの出会って掛け合い、そして技を伝承してユウキが死を迎える。途中キリトの助けを得ながら、アスナが現実のユウキと出会うシーンには泣かされました。最後のマザーズロザリオを迎えるまでの間、死ぬとわかっていながら最期まで一生懸命楽しく生きたユウキには、涙が止まりませんでした。

初めにゲームの武器が銃だったのでソードじゃなくなるの?!と思いましたがずっと見ていくとやっぱりキリトはソードでした。
前シリーズよりこちらのほうがゲームと現実の行き来があったり、アバターが現実と違ったりして本物のゲーム感がありワクワクします。

今作のヒロインともいえるシノがゲームの世界では自分で考え行動出来るのに、現実で人目を過剰に気にして生きてる姿は、ゲームが未来においてメンタルヘルス的な利用法が出来る時が来るのかもしれないなと期待します。

現実ではなかなか現せない本質をゲームという第2の現実は、現実と違う立場や力を持つことで普段の現実とは違う姿を晒け出し、そのギャップはその人の本質を晒け出していくようです。
物語としてもとても魅力的なこのシリーズですが、いつも仮想現実の未来の在り方や活用の可能性を見せてくれるので目が離せないシリーズです。

SAOは消滅したというのに、微妙にSAOに関連した世界で違和感がありました。
SAOにいてたフェアリーも出てきますし。
特に発端である茅場晶彦の影がまだちらつくのはどうかな~と。
どうせなら完全別ゲーという感じでやって欲しかったです。

人間関係でいうと、キリトの妹でありリーファが可哀想でしたね。
血の繋がってない兄相手に惚れてしまった悲しみ。
それを忘れさせてくれる相手をアルヴヘイム・オンラインでやっと見つけたと思ったら、そのプレイヤーは兄であるキリトだったとか。
キリトが恋人であるアスナを助ける為に命がけで世界樹を上ろうとしてるのを知ってますし、リアルでもアスナ命なのを知ってる。つまりリーファの入る隙間はないのをよくわかっているわけです。
なのにこの仕打ちはないわ~って感じました。

あとアスナを拘束していた須郷。この人の気持ち悪さも相当でしたね。
鬱憤を晴らすかのようなキリトの勝ち方が気持ちよかったので、これはこれで良しだな~とは思いますけど。

まあ全体を通して第一期程の新鮮さはなく、普通のアニメって印象です。

 今回では前半では銃撃戦がメインのゲーム世界に入ります。ゲーム世界で撃たれると現実世界でもプレイヤーが死ぬ「デスガン事件」が発生します。この犯人を追求する展開は少しミステリーのようでドキドキしました。

ヒロインのシノンが持つ銃にまつわるトラウマが並々ならぬ深いもので、シノンの過去と心理描写を暴く回はかなりシリアスでした。

後半ではアスナが主役のエピソードが展開します。友人のユウキからアドバイスを受けて、それまで不仲だったアスナとその母親が歩み寄るようになる展開にはホロリときました。ゲームを通じて親子感にある壁や溝を通り越して行くという明るい展開が好きでした。

そして最後にはあの世に行ってしまうユウキが皆の心にたくさんのものを残したと分かるラスト展開には涙しました。

アスナ派としては、GGOは登場シーンが少ない上にシノンとキリトが親しくなっていくのがちょっと寂しかったです。でも心の痛みを理解できる二人は素敵でした。長髪キリト、通称キリコはかわいくて好きです。鮮やかな二刀流捌きは健在で、銃弾を切るシーンはとてもかっこよかったです。

後半はキリトとの絡みが少なかったのは残念ですが、バーサクヒーラーアスナが主役で、今までと違ったイメージで、これもまた魅力的でした。キリトの「悪いな・・・ここは通行止めだ」と助けに来るシーンがものすごくかっこよくて惚れ惚れしました。やはり支えあう二人は理想の関係です。

ユウキとキリトが戦うシーンをもう少し見てみたかったです。このシリーズを見るたびにフルダイブVRが実現するといいなぁと思いますが、メディキュボイドは本当に必要なものなので、いつか実現させて欲しいものだと感じました。